沖縄に来たらコレ!

どこまでも続く青い海と空が沖縄の陽気な空気を表します。まぶしい太陽を浴びながら海中の非日常な世界をのぞくことができるのがシュノーケリングの醍醐味です。沖縄に来た時にはぜひシュノーケリングを体験していただきたいです。

新着情報

[PR]

沖縄へ格安価格で行きたいなら必見!
人気ツアーを厳選特集♪

東京湾クルーズプランをいくつも紹介☆
予算ごとにサービスが探せる

海を楽しみ尽くす

海中

シュノーケリングとは

シュノーケリングとは海の水面に浮かびながら水中や海中を遊泳するマリンスポーツの一つです。呼吸ができるようにするホース上のシュノーケルと海の中を見渡すマスク、それに泳ぎを楽にする足に装着して使用するフィンの3点セットを使ってシュノーケリングを行ないます。マリンスポーツの中でも、小さいお子さんから大人までが気軽に楽しめるものとして人気です。体力に自信がない方や泳ぎがあまり得意ではない方でも安心して楽しむことができるので、沖縄に来た時にはぜひ体験してほしいマリンスポーツとして紹介しています。

海の生き物を観察

シュノーケリングの醍醐味は沖縄の澄んだ海に生息する生き物を観察することです。熱帯である沖縄の海には色とりどりの魚が気持ちよさそうに泳いでいます。綺麗な海と綺麗な魚を一望しながら、非日常な海の世界に浸ることがシュノーケリングの醍醐味です。海の中を観察するだけでなく、ただボーっと海に浮かんでリラックスすることもシュノーケリングを楽しむ一つです。プカプカと海に浮かびながら、日常とはかけ離れた海の中を覗き込むことで、とてもリラックスした気分になれる事でしょう。そのように、泳ぎが苦手な方や海に特に興味が無い方にも、ぜひ体験してほしいのがシュノーケリングです。

シュノーケリングQ&A

一人だと怖い

マリンスポーツは必ずバディを組んで行ないます。海の中では予期せぬトラブルが起こる可能性があるので、必ず二人以上の組で行動することが決まっています。不安に備えるだけでなく、気心知れた友人とバディを組んでシュノーケリングをすることはとても楽しいです。ゆったりとした海の中を、友人と楽しく遊泳すると怖いことなど忘れるほどリラックスできるでしょう。

飲酒状態では海に入れない?

飲酒している状態ではマリンスポーツは危険なのでダイバーが危険と判断した場合はシュノーケリングを断られます。ついつい沖縄観光が楽しくてお酒を飲んでしまうこともありますよね。しかし、海には必ず危険が伴っています。海で遊ぶ予定があるなら、当日の飲酒はさけることと体力も備えて遊ぶようにしましょう。体調を整えたうえで、海の中を思う存分楽しみましょう。

沖縄のシュノーケリングスポット

真栄田岬自然公園

沖縄本島の恩納村にある真栄田岬がシュノーケリングスポットとして有名です。沖縄だけでなく日本を代表するほどの超人気スポットで観光客や地元ダイバーに人気です。泳ぎが苦手な方でも、浅瀬に綺麗な魚がたくさん観察できるほか、奥の方に行くと「青の洞窟」と呼ばれる絶景スポットがあります。一般的にイタリアの「青の洞窟」が有名ですが、沖縄にもあります。洞窟を見学できるだけでなく、洞窟の中でシュノーケルができるので、貴重な体験ができるでしょう。また、ナイトシュノーケルもあるので、一度青の洞窟を楽しんだ方はこちらに参加してみるのも良いでしょう。

備瀬崎

有名な美ら海水族館近くにある、沖縄本島本部町にある備瀬崎がシュノーケリングの有名スポットです。本部半島から伊江島が見える絶景が有名な場所でもあります。浅瀬が多く、小さいお子さんともシュノーケリングを楽しむことができます。シュノーケリングと観光に最適な場所です。特に備瀬崎は沖縄の中でも海がキレイなことで有名なので、美しいエメラルドブルーを眺めることができるでしょう。

伊計島

透明度の高い海が特徴な伊計ビーチがある伊計島がシュノーケリングスポットとして人気です。沖縄本島から橋を渡っていける場所ですが、どこか離島のような雰囲気があるのんびりとした空気も特徴です。透明な海では彩り豊かな魚やサンゴが観察できます。

シュノーケリングを沖縄の思い出に

子供

海で遊ぶマナー

シュノーケリングはマリンスポーツの中でも比較的楽に楽しむことができます。体力に自信がない方や泳ぎが苦手な方にも楽しんでもらえるので、沖縄観光の思い出としてシュノーケリングをおすすめします。様々な観光地と共に有名なシュノーケリングスポットを紹介しています。

READ MORE

[PR]

広告募集中