海で遊ぶマナー|非日常を楽しめるシュノーケリングを旅の思い出に

海で遊ぶマナー

子供

遊泳区域を守ろう

シュノーケリングは沖縄の綺麗な海を自由に泳げる最高のマリンスポーツです。しかし、海には危険がいっぱい潜んでいます。特に遊泳区域から外れた場所には予想もしない危険が多く、広い海の中助けを求めることもできません。それに遊泳区域外なら簡単に助けに行くこともできないので、ちょっとなら大丈夫とは思わずに、遊泳区域内で正しく楽しく遊ぶようにしましょう。

海の生き物にも謙虚さを

シュノーケリングでは遊泳区域内で遊んでいるにしても、そこは海の世界であり生き物が暮らしている空間です。騒ぐと魚たちが怖がりますので、落ち着いた遊泳をして海の生き物たちの生活を邪魔しないよう最低限のマナーを守って楽しみましょう。初めてであってもプロのダイバーであっても、そこを守れないような行動は必ず避けましょう。

バディを組みましょう

マリンスポーツをする際には必ずダイバーとバディを組みましょう。海の中で起きる不測の事態は一人では命に関わります。必ず単独行動は避けて下さい。海中でのトラブルは一人で対処できるものではありません。どんなスキルを持っていようと、必ずバディを組んで安心できる上でマリンスポーツを楽しむようにしましょう。

海のコンディションを確認

海のコンディションはとても変わりやすいのが特徴です。シュノーケリング中に荒波が起こり、前が見えないほどに濁ってしまうこともあります。また、穏やかな海が急変して激しくなった時には、命の危険があるほどです。必ずベテランダイバーの指導のもと、マリンスポーツを楽しみましょう。それに、足元にも危険がいっぱいなので、必ずマリンシューズを履いて歩行しましょう。安全を守ったうえで楽しみましょう。

広告募集中